撮影中

取引先と投資家向けの企業紹介動画の作成のポイント

レコーディング

消費者向けにテレビCMを放映している企業は、第一印象を重視した企業紹介動画を映像制作の専門業者に依頼しています。しかし、取引先や投資家向けに企業情報を発信したいときには、ビジネスの内容を具体的に紹介することが最も重要です。特に取引先にターゲットを絞った企業紹介動画を作る場合には、最新の商品とサービスについて丁寧に説明するのがポイントです。10分程度にまとめた商品紹介動画を活用すると、新規顧客の開拓もスムーズに行えます。一方で投資家を対象とした企業紹介動画を作るときには、自社の強みや将来の見通しについて説明する内容が最適です。動画の中で企業担当者が財務状況や今後の業績に見通しについて解説すると、投資家も株式の購入に前向きになります。そして公開するシーンに合わせて構成を考えると、多くの人々に見てもらえる企業紹介用の映像にすることができます。企業の本社やイベント会場で上映するときには、迫力のある映像にこだわるのが理想的です。またDVD化してイベント会場でノベルティと一緒に配布すると、企業紹介動画を活用したPR効果もより一層高まります。更に映像を見た取引先や投資家にアンケート調査を実施すると、そのデータを今度の映像制作でも生かせるようになります。

用途に合わせて企業紹介動画を作る場合の基本とは

音響

会社の広報を手掛ける企業担当者は、人材募集や新製品の紹介のためにパンフレットを発注することが多いです。しかし紙媒体は読んでもらえないことも多く、次第に情報発信の分野では企業紹介動画にシフトしつつあります。企業紹介の動画制作を映像制作の専門業者に依頼すると、新卒の採用や取引先の開拓などの用途別に最適な動画を作ること…

興味をひく企業紹介動画の活用方法について

おもちゃのカメラと一万円札

今では企業紹介をするために、最新テクノロジーを駆使した動画を用いるのは興味をひくために欠かせません。そのために企業担当者は、いかに興味をひくオリジナリティあふれる動画を作成できるかが大切なポイントになってきます。しかし、動画というものは作成者のセンスやクオリティにより、完成したものに大きな差が出てしまいます。そこ…

TOP